おひなさま

娘が産まれた年から自宅に飾られ、身内だけで節句を祝っていたのですが、13年目にして始めてロビーに出すことにしました。

o

七段飾りです。

「七段飾りは近頃、めっきりご購入される人が減ってしまって...」と人形店の方は言われます。
その理由として挙げられるのは、場所が無い、出し入れが面倒、子供が触るからだそうです。
お雛様は見て楽しむもの? 飾って楽しむもの?
せっかく高いお金を出して買ったお雛様、子供に触らせるなんてとんでもない?
それで、子供は楽しいですか? お雛様の楽しい思い出作れますか?

正直耳が痛いのですが....
私も実際まともに一緒に出すようになったのは2~3年前。
おひなさまソング?を鼻歌で歌いながら最初は一緒に出すのですが、危なっかしくて怒る始末。

そもそもお雛様は女の子が産まれた時に、将来その子がお雛様のように仲むつまじく、幸せに暮らせるようにという願いを込めたものです。
また昔からの言い伝えのように、その子の病気や怪我などの不幸を代わりに背負ってもらうという意味もあります。

「お雛様大好き♪」という思いで一緒に飾って、楽しいお雛様の思い出作りにしたいものです。

一年間無事に過ごせたことを感謝して、1年に1度お雛様を箱から出して、菱もちやあられを飾ってあげれるといいですね。

ご家庭でも了山でもお雛様を見て頂き、より多くの笑顔が増えて欲しいと願っています。

f





Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 了山公式facebook
  • 了山ブログ
  • お問い合わせ