「かりもり」今が旬

今年もかりもりを沢山いただきました。
早速漬物にします。

かりもり

かりもりは尾張地方に古くから在来するシロウリの品種で果皮は緑色で果肉は白色をしています。
食感は、シャリシャリと歯ごたえがあり、別名『堅瓜』(カタウリ)とも呼ばれており名前の通りその硬さは、数年の漬け込みによっても果肉がくずれないほどです。

了山では一般的な調理法で漬物にします。
縦半分に切り、中の種を取り除いたら塩漬けを10日位し、布巾で塩を拭いたらざらめを敷き酒糟をのせ3ヶ月後にまた取り出し、きれいに拭きもう一度ざらめと酒糟をのせさらに1ヶ月位したらに食せます。
味は守口漬けに似ています。
もちろんお客様の食卓に上がります。

お楽しみに・・・・。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 了山公式facebook
  • 了山ブログ
  • お問い合わせ