押切り

eb

本日ご宿泊のお客様より貴重な器具をお借りしました。

押切り

稲わら、麦かん、牧草、野草などを、それぞれの用途に応じて、適当の長さに切るための器具です。
押切りには、押金式(庖丁固定型)と受金式(庖丁運動式)とがあり、庖丁と受刃の間に材料をはさみ、把柄で押切る構造となっています。

安価で使用が簡単ですが、手加減で藁桿を押し出して切るため、切断長が一定せず、また指先を切る危険があります。
この押切りは明治時代後期から昭和20年頃まで使用されたそうです。
とはいえまだまだ刃は鋭く充分使用できます。

刃渡り44cm、柄の長さ46cm。
ギロチンを思い出させます

農機具の博物館に展示される前にベテラン仲居敏子さんとパチリ


本日はご利用頂きまして誠にありがとうございました。









Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 了山公式facebook
  • 了山ブログ
  • お問い合わせ