鯛の塩釜焼

古くからの由来は「保存」のためと、「祝い」の席を彩るものとして大変喜ばれていました。

塩釜焼きのそもそもの由来は、戦国時代までさかのぼるそうです。
うまみを損なわないように、鯛を塩で包んで焼いたのが塩釜焼きの始まりだといわれています。
冷蔵庫のない時代、保存目的でこのような調理手法がとられていたようです。
さらに、鯛といえば昔から高級品。
祝いの場や宴席などで、このような珍しい塩釜焼きは大変喜ばれていました。

ddd

nd

結婚お披露目の席にお出しさせて頂きました。

hff

新婚さん初の共同作業です。

dgh

お味の方はいかがでしょう

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 了山公式facebook
  • 了山ブログ
  • お問い合わせ